高齢者によるバイアグラで少子化改革!!

バイアグラを手軽に入手する方法

加速化する日本の少子高齢化

日本は1970年代当初頃から、誕生する子供の数が少なくなってきました。

このような現象を少子化と呼びます。
また一方で1970年以前のベビーブームで、生まれた人達やそれ以前に生まれた人々が、よい住環境や食生活、更には薬や医療によって寿命が延びたことにより高齢者が増えました。
この現象を社会の高齢化と呼びます。
今この少子化と高齢化が同時進行して、日本は少子高齢化しています。
しかもそのスピードはかなり加速しているのです。
これには女性の学歴がアップし、社会に進出して社会的な地位を得、
晩婚化していることが理由の1つです。
又一方で子供を大勢生むよりも、1、2人の子供を生んで育て、なるべく行き届いた高等教育を受けさせたいという親の考えもあってのことと思います。
一方でよい住環境と食生活、充実した医療のおかげで、寿命の延びたご高齢者の方々が御元気に活躍しているので、日本は少子高齢化が進み、人口は子供が少なく、高齢者が多いという人口分布になっています。
少子化が進むと日本人が減ってしまいます。
また高齢化が進むと、預金がなく生活保護に頼らざるを得ないご高齢者、または介護などの問題が発生して参ります。
最近では日本でも移民を受け入れてはどうか、という意見もあるようですが、
あまり安易に外国人を増やすのも抜本的な解決にはならないでしょう。
むしろ働く女性が育児をしやすい環境を作り、一方でご高齢者でもパートやアルバイトのできる環境が整えばこの問題は比較的難しいことなく解決できるように思います。