2015年7月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ばいあぐらについて

ばいあぐらと聞くと、今では誰もが知っている薬になりましたが、1999年頃には一部の男性が興味津々と日本でも発売されることを待っていました。
アメリカで大人気になったこのばいあぐらは、発売当初の頃はED薬と言うよりも、性行為において男性を元気にする思っていた人も多くいました。
実際のばいあぐらは、勃起不全を改善する治療薬なのですが、ちょっと間違った情報が入っていたのです。
それでも、中年以降の男性が喜んだことは間違いありませんでした。
ですが薬の販売にも制限があったため、我慢した男性も多くいたのです。
それは医師の処方箋が必要でした。
そのため薬をもらうためには、一度病院へ行くことになり、医師と相談することが必要だったのです。
そのため、少し恥ずかしいと考えた男性もいて、我慢したと言われています。
また強い薬と言うイメージもあり、心臓に悪い影響を与えると言う誤解も生まれました。
ですが副作用は、それほどひどいものでなく、頭痛や鼻づまり程度で終わることが多く、実際のとこと副作用らしい副作用の被害はみられることはありません。
元々このばいあぐらと言う薬は、狭心症のための薬だったのですが、狭心症には効果が見ることが出来ませんでした。
そこで薬を回収しようとしたところ、回収がままなりませんでした。
その回収がままならない理由を確認したところ、勃起を促進していたことが判ったのです。
そこで改めて勃起不全解消薬として発売されることになったのですから、なんとも面白い結果になっていると考えられます。
このばいあぐらを服用する時、それは性行為の前になりますが、その1時間ほど前に服用すると丁度効果が現れるようになります。
またお酒を飲んでも大丈夫ですが、飲みすぎはいけません。
食事を終えたばかりの満腹時にも効果が薄く、出来るだけ空腹での服用をお薦めするのです。
更に持続時間ですが、5~6時間程度と言われていますが、人によって差も生じますのです、注意が必要です。
多くの方が勘違いすることに、ばいあぐらを服用すると興奮すると考える人がいます。
これは間違いで、勃起を促進するのですが、性的興奮はしません。
性的興奮は、外部から取り入れることが必要ですので、注意をして欲しいものです。
ばいあぐらの服用については、健康な人が望まれます。
高血圧、糖尿病、肥満等で薬を服用されている方は、一度医師に相談されると良いのでしょう。
現在では個人輸入代行等からも手に入りますが、その前に健康状態を確認して下さい。